« No.32 後の祭り(上) | トップページ | No.34 ネタがない時って。 »

2008年6月10日 (火)

No.32 後の祭り(下)

後の祭り(下)

「きっとそのドラゴンパピーはエプロンドレスを着ているんですよ」
-楡陵祭の My memory-

おばんです。前回のブログ記事担当のNar5氏からいきなりバトン(記事担当の)を手渡され、ちょっぴり動揺しながら記事を書くことになりました、クニヒコです。
前回の記事からの続き物ということで、ちょっと悪乗りしつつも引き続き楡陵祭の様子などをお伝えしたいと思います。

まずは前回の記事のフィードバック。
昨年は確かに大変でした。新人が1人というのは会の存続に関わります。なので我々は実に必死でした。ええ、それはもう。
そして今年。すごい数の新人が来ました。前年度の13倍。こう書くとすさまじい数のように見えます。
加えて、以前からTRPGを知っていた、やったことがあるというような人が多く、そうでなくてもいざプレイヤーとして参加すれば心から楽しんでくれます。
こちらとしても一緒にプレイしていてとても楽しいです。今後の彼らの活躍に期待しましょう(笑)

さて、楡陵祭についてですが。

思えば、準備期間中から不吉な予感はしていました。大学全域にわたり風邪が流行し、当会の会員もまた然り、風邪でダウンする人が続出しました。かく言う私もその中の1人です。
しかし、私を含め当日前に体調を崩した人は当日までに(なんとか)体調を立て直し、いざ当日ということになりました。

そして待ち受けていたものは、絶望

GM(特に日曜日の)が次々と体調不良でダウン。
卓(特に日曜日の)の数が激減。
人が、いない、足りない(準備要員も含む)。

阿鼻叫喚でした。
皆涙をこらえ、疲れきった身体に鞭打って作業を続けました。
私も5日は4時間半卓2つ、6日は3時間卓2つ(うち1つはGM)のテストプレイに参加しました。
私はTRPGが大好きですが、流石に7日に自分が3時間卓と6時間卓のGMをやることを考えると、流石に体力的にそれ以上は無理でした。
しかし、それでもぎりぎりなほど人手が足りなかったのです。

ですが、そんな苦労の甲斐もあってか、楡陵祭は成功に終わったと思います。
最終的に立った卓は、

7日(土)
・ベルファール魔法学園(3h)
・D&D(6h)
・三國志演技(6h)
・デモンパラサイト(9h)
・アリアンロッド(6h)
・ダブルクロス2nd(6h)
・ソードワールド2.0(3h)
・もののけこやけ(3h)

8日(日)
・大活劇
・ナイトメアハンター=ディープ

…こんな感じでしょうか。
私としては新人がGMの卓が立たなかったのが非常に残念ですが、どの卓もおおむね成功に終わったようです。
お越しくださったプレイヤーの方々、及び新人の皆様には本当に感謝の言葉もありません。
また来年も来て頂ける事を楽しみにしています。

そしてスタッフ、GMとして働いていた会員の皆さんも、本当にお疲れ様でした。
次の大きな行事は10月あたりの新人コンベンション。今度は新人の皆さんが主役なのでそれについては覚悟しておいてほしいところですが、とりあえずそれまでは少し間があります。
少し息を抜いて、次の戦いに備えましょう。

今は、苦しい戦いを戦い抜いた戦士たちに、しばしの休息を。

長い上に最後はよくわからない文章になってしまいましたが、今回はここまで。
またいつかお会いしましょう。ではでは。

|

« No.32 後の祭り(上) | トップページ | No.34 ネタがない時って。 »

●R研通信」カテゴリの記事

●イベント告知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/443184/21551244

この記事へのトラックバック一覧です: No.32 後の祭り(下):

« No.32 後の祭り(上) | トップページ | No.34 ネタがない時って。 »