« No.405 シナリオフックのドロップ場所 | トップページ | No.407 馬鹿め、引っかかったな! »

2017年2月16日 (木)

No.406 PCとPLのお話

こんにちは、Citronです。ご無沙汰しております。
予想以上に遅れてしまいましたすみません…
決して期末試験が危なかったことを理由になどしなi
という訳でいよいよ春休みですね!!TRPG日和ということで、先々週の卓報告から。
2/4(土)
GURPS
AL2
2/5(日)
シノビガミ
以上が先週立った卓でした。えぇ、全ては期末試験というラスボスが悪かったのです。
さて、終わったことはもう忘れましょう。TRPGのお話です。
私はついこの間入った卓で、久しぶりにPC1をやりました。
私のPCは頭の中が良い意味でお花畑していたので、周りのPCおよびPLが続々と真実を知って葛藤している中、なかなか真実を知ることができないということもありましたが、逆にPCのキャラが一貫することにもつながったのでそれはそれでよかったと思っています。
そこで再認識したのは、PLにとって自分のPCは主人公である、ということです。
確かに、シナリオにおいてはPC1が主人公であり、PC1を主体に物語は進んでいくことが多いです。
それぞれPC2、PC3、PC4にも役割があります。主にPC2は過去との因縁の決着、PC3、PC4はスモールナンバーのサポート的立ち位置に回ることが多いです。
しかしPLにとって、PCは自分の真心込めて作ったいわばわが子です。それぞれのPCに、それぞれの過去があり、それぞれの想いがあります。
どのPCもシナリオ上欠けてはならない人物であり、彼らなしではシナリオは成り立たないのです。
そんな事を痛感した卓でした。
皆さんも、自分の作ったPCは大事にしてあげてくださいねというお話でした。
最近は暖かくはなってきていますが、皆さんも風邪にはお気を付けくださいね!
Citronでした!

|

« No.405 シナリオフックのドロップ場所 | トップページ | No.407 馬鹿め、引っかかったな! »

●R研通信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/443184/69616383

この記事へのトラックバック一覧です: No.406 PCとPLのお話:

« No.405 シナリオフックのドロップ場所 | トップページ | No.407 馬鹿め、引っかかったな! »